FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.23 ミュージカル
kawagoe


前日、川越市民会館の大ホールで行われたミュージカル。
素人さんも舞台にあがれてしまうので地域活性の意味合いも漂うのですが、主催してるのは宝塚歌劇団で男役を勤め上げた方だし、他にも複数元タカラジェンヌが出演していて、やはりミドコロがちゃんとある素敵な舞台でした。

まだカリキュラムも途中で、アレンジの勉強だってそれほどやれていないのに人のつながりでそのミュージカルの音楽を頼まれたYちゃん。

こんな機会にはそうそう恵まれるものじゃない。今回の作曲だってやりたい人はきっといっぱい居るはず。こんなありがたい機会に恵まれたのなら、尻込みせず多少無理めでもやった方がよいんです。

ってことで、今回はだいぶ手伝ってしまいました。まあ、メジャーな仕事の作曲でもなんでも、生徒さんが頼ってきたらバックアップしてしまうのはいつもの事。
出来上がったものは、それなりに説得力のあるものとなり、みなに喜ばれたとか。でも私は原曲をねじ曲げるようなことは一切しない範囲で膨らませたり仕上げたりしたので(それが補作&編曲者としてのウデ!)、評判がよかったら素敵な曲を作った本人の手柄、ということでいいんじゃないかな。

自分の曲を誰かが歌ってくれて、それで舞台ができあがっていた。そのことに有り難みを感じたのかなー。感動したかなー。肝心なことを聞いてないや。

さてさて。そのショウの中で、私が10年以上の間、曲名と出所を知りたがっていた謎の名曲が判明したという、個人的にはすごい事件がありました。むかしテープだけ渡されて、ピアノアレンジをした、というだけなんだけど、とてもとてもいい曲で、ずっと頭に焼き付いていた曲。

これだけ素敵な曲なのだからぜったい有名なはず! と確信しつつ、もう音源はないし、口ずさんでこの曲知らない?と聞くしかないような状況だったので、積極的に探すということはしていなくて。判明したら、やっぱり有名な曲でした。

原語版しかきいたことなかったので、日本語訳になっているやつが沢山検索でひっかかってくるけど、好きになれない。英語で口ずさんでみてます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sjuku.blog85.fc2.com/tb.php/55-e40f6edb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。